本ブログはこれまでGithubPagesにホストしており、ドメインはgithub.ioのサブドメインだったんですが、今回もろもろ整理したので、その備忘録です。

変更前

  • ホスト先:GithubPages
  • ドメイン:nabeen.github.io

変更後

  • ホスト先:Firebase
  • ドメイン:tech.nabeen.be

Firebaseに変更した経緯

github.ioのドメインもそれなりに気に入ってはいたんですが、かねてより独自ドメインにしたいなぁとは思っていました。思ってはいたんですが、GithubPagesでそれをやるにはなかなか面倒で、重い腰が上がらなかった。

そんな中で、別途作ったポートフォリオサイトをFirebaseにホストしてみたんですが、SSL対応を勝手にやってくれていい感じだったので載せ替えました。

wercker.ymlの設定内容

こちらが変更前の状態。ビルドして、GithubにPushするような設定。

box: debian
build:
  steps:
    - arjen/hugo-build@1.21.1:
      version: "0.36"
      flags: --buildDrafts=false
      theme: even
deploy:
  steps:
    - install-packages:
        packages: git ssh-client
    - leipert/git-push:
        gh_oauth: $GIT_TOKEN
        basedir: public
        repo: nabeen/nabeen.github.io
        branch: master

そしてこちらが変更後の状態。ビルドして、Firebaseにデプロイする設定。$FIREBASE_PROJECT$FIREBASE_TOKENはwercker側で環境変数として定義しています。さすがに公開できないですからね…。

box: node
build:
  steps:
    - script:
      name: install wget
      code: |
        apt-get update
        apt-get -y install wget
    - script:
      name: wget hugo
      code: |
        wget https://github.com/gohugoio/hugo/releases/download/v0.38.1/hugo_0.38.1_Linux-64bit.deb && dpkg -i hugo*.deb
    - script:
      name: build hugo site
      code: |
        hugo -d public
deploy:
  steps:
    - script:
      name: install firebase-tools
      code: |
        npm install -g firebase-tools
    - script:
      name: deploy firebase
      code: |
        firebase deploy --project "$FIREBASE_PROJECT" --token "$FIREBASE_TOKEN" --only hosting

変更後は、見た目ちょっと美しくはないですが、scriptとかでコマンドを書いているので、何してるかは一目瞭然でわかるのが良い。

あとはGithubにPushするだけでFirebaseへのデプロイまで自動でやってくれます。楽ちんでいいですね。

実はついでにテーマもhugo-theme-janeに変えたので、ちょこちょこ手直し中。

Firebaseはいいぞ。